製品情報

磁界測定器

FM型三軸小型磁界測定器

FM型三軸小型磁界測定器は、直流磁界(0~±1000μT)から周波数200Hzまでの交流磁界の測定が可能。
LCD表示器に選択軸を切り換えて表示などの特徴があります。

FM-35M 直流/交流磁界両用
FM-35M直流/交流磁界両用

概要

  • 直流磁界及び交流磁界(0~1,000μT)のX,Y,Z成分を同時に測定
  • センサ部は平行フラックスゲート方式

特徴

  • レコーダやA/Dカード等でデータ収集を行う測定作業向けに設計
  • コンパクトで軽量に設計し、表示は選択軸の磁界を表します
  • 測定レンジは、1,000μT/100μTの2レンジ切り換えで、出力端子は、DC~200Hzを出力するモニタ出力と、交流磁界を直流電圧に交換したレコーダ出力を切り換えて使用
  • 出力感度は10V/レンジFSと1V/レンジFSの切り換え選択が可能
  • 温度特性が良好で、パワーオン直後から使用可能
  • 付属のACアダプタ(AC100V)で動作
  • 変化量の測定に便利な、背景磁場キャンセル機能付
  • キャリングケース付
有効測定範囲 0~±100/±1000μT切換
分解能 10nT/100nT切換
磁界直線性 誤差±0.5% of F.S.(各軸)
周波数応答
(F.S.時)
±2.0%(DC~200Hz)
表示モード DC/AC切換
電源 DC12V(ACアダプタ付き)
外形寸法 本体 150(W)×50(H)×200(D)
プローブ 35×35×35mm
ケーブル長約5m
質量 本体:800g センサ:500g アダプタ:150g

キャリングケース:800g

注)AC磁界の表示は真の実効値表示です。

FM-385 直流/交流磁界両用
FM-385 直流/交流磁界両用

概要

  • 直流磁界(0~±500μT)及び周波数1kHzまでの交流磁界(0~350μT,実効値)のX,Y,Z成分を同時に測定
  • センサ部は高感度の平行フラックスゲート方式

特徴

  • X,Y,Z成分及び全磁力を表示します
  • 測定レンジは、500μT/50μTの2レンジ切り換えで、波形モニタ出力端子は、カップリング切換でDCカップリングのときは直流と交流磁界を出力し、ACカップリングのときは直流磁界をカット
  • レコーダ出力端子は、X,Y,Zの直流磁界成分と交流磁界成分を同時出力
  • 背景磁場の影響を取り除くためのオートキャンセル機能付き
  • RS-232Cインターフェースを標準装備
有効測定範囲 DC磁界 0~±50/ ±500μT切換
AC磁界 0~35/ 350μT切換(実効値)
最高分解能 10nT
測定磁界 DC~1kHz
DC磁界直線性 誤差±0.5% of F.S.(各軸)
AC磁界直線性 誤差±3.0% of F.S.(各軸)
AC磁界周波数応答(F.S.時) ±2.0%(各軸) (20Hz~30Hz)
±1.0%(各軸) (30Hz~500Hz)
±3.0%(各軸) (500Hz~1kHz)
電源 単三ニッケル水素電池(アルカリ電池)4本/DC5V(ACアダプタ付)
外形寸法 本体 210(W)×88(H)×230(D)mm
プローブ 35×35×35mm ケーブル長約5m
質量 約2.2kg

注)AC磁界表示は実効値表示です。

FG-320/A コンパクトガウスメータ
FG-320/A コンパクトガウスメータ

概要

  • 地磁気などの直流磁界(0~±2000.0μT)のX,Y,Z成分を同時に測定
  • センサ部は平行フラックスゲート方式

特徴

  • FG-320Aは50個×6フォルダ 全300個の測定データを保存、読出し可能
  • FG-320Aは保存した測定データをデジタル通信で出力可能
  • レコーダ端子に多チャンネルレコーダ等を接続して、記録可能
  • X,Y,Z軸の磁界成分と、各軸磁界を合成した全磁力Tを表示
  • 温度特性が良好で、測定前のゼロ点の調整不要
  • 小型軽量なハンディタイプ
  • 単三電池×4本で長時間駆動可能
FG-320 FG-320A
データ保存機能 ×
データ通信機能 ×
アナログ電圧出力
全磁力表示
有効測定範囲 2000.0μT
分解能 0.1μT
直線性 誤差±2.0% of F.S(各軸)
誤差±1.0% of 1mT(各軸)
電源 単三電池×4本又はDC5V(DC4.5~6V)
連続使用時間 アルカリ電池使用時約20時間
外形寸法 本体 138(W)×46(H)×190(D)
プローブ 35×35×35mmケーブル長約2m
質量 約800g
FM-380A 直流/交流磁界両用
FM-380A 直流/交流磁界両用

概要

  • 直流磁界(0~±1,000μT)及び周波数1kHzまでの交流磁界(0~700μT,実効値)のX,Y,Z成分を同時に測定
  • モード切換スイッチでDCモード,ACモードいずれかを選択して使用
  • センサ部は高感度の平行フラックスゲート方式

特徴

  • X,Y,Z成分及び全磁力を表示
  • 測定レンジは、1,000μT / 100μTの2レンジ切換
  • 単三電池4本及びDC5Vで駆動させることが可能
  • 波形モニタ出力端子はカップリング切換でDCカップリングのときは直流と交流磁界を出力し、ACカップリングのときは直流磁界をカット
  • レコーダ出力端子は、X,Y,Zの直流磁界成分と交流磁界成分を同時出力
  • 背景磁場の影響を取り除くためのオートキャンセル機能付
有効測定範囲 DC磁界 0~±100/ ±1,000μT切換
AC磁界 0~70/ 700μT切換(実効値)
最高分解能 10nT
測定磁界 DC~1kHz
DC磁界直線性 誤差±0.5% of F.S.(各軸)
AC磁界直線性 誤差±3.0% of F.S.(各軸)
AC磁界周波数応答(F.S.時) ±2.0%(各軸) (20Hz~30Hz)
±1.0%(各軸) (30Hz~500Hz)
±3.0%(各軸) (500Hz~1kHz)
電源 単三ニッケル水素電池(アルカリ電池)4本/DC5V(ACアダプタ付)
外形寸法 本体 210(W)×88(H)×230(D)mm
プローブ 35×35×35mm ケーブル長約5m
質量 約2.2kg(電池の重さ120g含む)

注)AC磁界表示は実効値表示です。

このページの先頭へ戻る