製品情報

磁気応用製品

磁気探査装置

磁気探査装置は、磁気センサ部はフラックスゲート方式を採用し、分解能は30nTで測定します。
温度特性が良好で、パワーオン直後に使用が可能などの特性があります。地中の埋蔵物の探索などに使用します。

MES-4700S 磁気探査装置
MES-4700S 磁気探査装置
概要

  • プローブに、地磁気などの直流磁界(0~±199.9μT)のX,Y,Z成分を同時に測定する三軸磁気センサを2つ搭載
  • 2つのセンサ信号を出力する機能、差動処理し出力する機能を搭載
  • 地中や水中などの磁気を探査
特徴

  • 磁気センサ部はフラックスゲート方式を採用し、分解能は30nTで測定
  • プローブケースは3気圧耐圧タイプで、ケースの材質にチタニウム合金を採用しており、海水中でも測定が可能
  • 温度特性が良好で、パワーオン直後に使用が可能
  • レコーダ出力端子付
特徴

  • 地中の埋設物の探索など
有効測定範囲 0~±199.9μT
分解能 30nT
直線性 誤差±0.5% of F.S.(各軸)
電源 AC100V(50/60Hz)
外形寸法 本体 370(W)×330(H)×128(D)
プローブ 全長約1200mm 直径約40φ
47φアルミケーシングパイプに対応
材質:チタニウム合金
ケーブル長 MAX50m
質量 本体約4kg
オプション RS-232C インターフェース
ソフトウェア
DRS-300(MES-4700S専用)


データトレンド表示
データトレンド表示
保存データファイル表示
保存データファイル表示
このページの先頭へ戻る